未分類

DRMの全体の流れと構築方法とは?

世の中の90%は中小企業だと言われています。

DRMという言葉をよく耳にしますが、

中小企業にとってはそのDRMがないと生き残っていけない

最高のマーケティングだといえます。

ただし、大企業には向いていないというデメリットはあります。

今日はその流れについて説明していきたいと思います。

基本的な DRM全体の流れ

全体を大きく分けると以下の4つの流れになります。

1、見込み客を集める

SNS(フェイスブックやツイッターなど)やLINE@、電子書籍

などで集客を行う。

オフラインであれば、チラシや DM、ニュースレターなど

注意! この時に、いきなりセールスは行わないでくださいね〜!

まずは信頼構築してからです!(まだ信頼関係ができていないので

売れない事が多い)

また、集客してリストを集めるためにはLP

(お客様の知りたい情報をまとめて伝えられる)が大切であり、

マーケッターの考えとしては絶対に必要なものになってきます。

2、信頼関係の構築

フェイスブックやメルマガ等を使って情報発信。

お客様の知りたい情報をどんどん提供し

信頼関係を築いていきます。

3、フロントエンド商品を(集客商品)オファー

集客商品を提案し販売していく。

4、バックエンド商品(利益商品)をオファー

利益商品を販売し、利益を得ていく。

この4つのステップを踏んで DRMは完成です。

DRMをどう構築する?

7つのステップに分けてお伝えします。

1、商品を考える

どういった商品を売りたいか。

需要のある商品を考えないといけません。

そのためには、まずお客様がどういったことに悩んでいるかを

直接聞いたりアンケート等をとったりして

商品を考えていく必要があります。

2、商品の見込み客を考える。

商品を欲しいと思っている人は、

いったいどういうことで悩んでいるのか

何を一番解決したいと思っているのか

アンケート等により情報収集を行い、

その悩みの深さにより優先順位を考え提案します。

3、リストをとるための提案

※悩みを解決するため

基本無料で、セミナーや体験会、個人であれば対人での無料お試し

または電子書籍を利用したりYouTube等で動画セミナーなどを利用。

また、誰かの成功例などを集めた小冊子や地域のお客様の声を

集めて無料レポートを作成し贈呈したり

また自身でネット情報をまとめたものを提供するなどを行っていきます。

これをもとに優先順位の高い悩みを解決していく。

4、このオファーをもとに集客

集客には無料有料があります。(広告かそうでないもの)

無料:ブログやフェイスブック、インスタグラムなど

有料:※タウン誌やチラシ(ポスティング)名刺なども広告になります。

※  DRMのポイントとなるところ

① いかにお金をかけないで集客できないか

そこで小さくテストを行なっていく。

② その人たちが使っている媒体を知る

それを活用していくのが基本のスタンスとなります。

その中で自分のどういった商品を必要としている

人がいるのかを見極めていきます。

その時の集客に必要となってくるのがコピーライティングで、

いかにお客様の感情に訴え、感情を揺さぶるような

オファーがかかるようなコピーを書いていくかが

必要となってきます。

5、オファーをつくる

(バックエンドの商品をつくる)

集客してからオファーをつくるのが DRMの基本となります。

利益商品(バックエンド)でなく、集客商品(フロントエンド)

でテストを行い、ここでいろいろ反応が返ってくるので

吟味しながら、お客様の希望とするところと

ズレはないか等を確認し、需要があるものを探していく

作業になります。

※(基本) 集客 → オファー → バックエンド商品をつくる

6、フォローする

オンラインであれば、メルマガなど

オンラインであればニュースレターなどで情報発信をしていく。

そして、「こういった人が成功します」

「こういったものは上手くいかない」

「だからこういったものが必要になってくるのですよ」等

随時、提案を行なっていく事で信頼関係を築くとともに

見込み客を教育するということに繋がります。

そして、お客様の成功脳をつくっていき

必要な商品が販売された時には、それを買っていただく事ができます。

7、商品が売れる

どういった時に商品が売れるのでしょうか。

そして、その人が価値を感じていただき

その満足感が120%以上感じていただいた時に

その商品は売れるのです。

最後に

長くなりましたが

DRMの構築についてお話しさせていただきましたが、

お分かりいただけましたでしょうか?

DRMはどう構築していくかというところで

施策、提案を行なっていきますが、

その中でどういった媒体を使っていくのか

必要な時の、例えば広告の時の広告のコピーや

L PであればLPの広告、バックエンドの販売であれば

SLのコピー。

Web説明会であれば説明会のスライドのコピーと、

そういったものを作っていくことになります。

難しく見えるかもしれませんが、

案ずるより産むが易しかもしれません。

最後まで見ていただきありがとうございます。

セールスコピーライター   久保