未分類

NOといえない魅力的なオファーの作り方

オファーとは?

セールスコピーライティングがその力を存分に発揮するには

見込み客のリストがとても重要だと言うことについては

以前お話しさせていただきました。

せっかくのリストがあっても

オファーの内容によって反応に大きな違いが出てきます。

そもそもオファーとはどういったものかと言えば

大前提として「取引の条件」となります。

そのオファーの条件としては

直接、購買率に関わってくるので、それを成功させるためには

もっと魅力的なものにする必要があります。

そのため、リストに次いで大切になってくるのが「オファー」です。

どれくらい大切なものかと言えば、

「コピーイズキング」

「コピーイズクイーン」

と呼ばれており、それくらい大切なものなんです。

オファーにはどういったものがあるのか?

かなりの数になってくるので、いくつかのサンプルをご紹介します。

・送料無料

通販やアマゾン等で購入された場合など、

「送料無料」というのをよく見かけるかと思います。

送料が無料になる事で、より購入しやすく感じます。

・初回お試し価格

・無料お試し体験

初回だけ通常より安くして利用でき試してみる事ができます。

また最初は無料で試してから購入を決める事ができます。

これらも、よくテレビの通販でよく見かけますし

折り込みチラシなどにもよく見られますよね。

私も実際に化粧品やサプリなんかで利用する事があります。

・先行割引

例えば、今から30分以内にお申し込みの方に限り通常5980円のところ

何と2980円!今がお得ですよ!30分過ぎましたら通常価格に戻ります。

または通常4800円のところ、この3日間限り何と割引価格の1000円で。

3日以降になりましたら通常価格に戻ります。

とか聞かれた事があるかと思います。

・デッドライン

○○日までの限定販売など

この間に購入すると何らかの特典がついてくるとか

例えば、この期間内であればスーツを1着買うともう1着付いてます。

こういったものもよくありますよね。

・松竹梅オファー

大・中・小・三つの商品を用意して

いろいろなニーズに答えられるようにします。

例えば、コンサートなどでVIP席等を利用すると

通常より良いお席意外にグッズもついてくるなど

いろんな特典が準備されています。

または、セミナー等であれば

簡単なコンサルティングであれば料金も安く設定していて

それ以上になってくると料金も高くなりますが、

それ以上の特典もついてきたりします。

注意!上位バージョンはその下の竹梅の特典を全てつけるようにする

・支払い方法

例えば、

テレビなどでよく見かけるかと思いますが、

ジャパネットたかた

カード払い、分割手数料24回までは利息は要らない

要らなくなった家電も引き取りますなど

より顧客が購入しやすい条件を提示されています。

また、ZOZOTOWNでも

通常のコンビニ払いや代引き等以外に

3ヶ月後払いなどもされています。

こうして支払い方法のバリエーションを多くする事で

より購入まで至るのがスムーズになってきます。

・保障

返金保障や何かあった場合の迷惑料を保障するなどで

より安心して購入する事ができます。

・セール

よく割引セールや売り切りセールなどあちこちで

よく見られるかと思います。

しかし、このセールを行う際の大前提があります。

それは「理由」が必ずいるという事です。

理由は何でも構いません。

ただ、何もなくても年中セールをしているとなると

顧客もよく知っているので

またやっていると受け取られてしまうので

より売れにくくなります。

そのため、新しい商品をまた入れるために今の商品を売り切りたい。

など何でも良いので理由づけが必要です。

例えば応援している地元プロ野球チームが優勝したので「優勝セール」

など小さな居酒屋などでもよく見かけます。

ここまでいろいろご紹介しましたが、まだほんの一部です。

それではこのオファーを作る時のポイントを

ご紹介します。

オファーを作る時のポイント

1、オファーを組み合わせる

数あるオファーをいろいろ組み合わせる事で

より強いオファーを作る事ができます。

商品やサービスに何らかの特典をつけたり、

毎月の負担額を少なくしてより購入しやすくする。

2、大胆不敵

(売れても返金保障!!)

商品を先に使用してもらって

商品が気に入れば購入していただくなど

これはクライアントさんにとってもかなりリスクがあり

度胸が要ります。

しかし実際には返金保障をつけないと売り上げをあげることができない。

お客様にとっても、この商品は自信があるのだと思ってもらえるし

お客様自身の不安を取り除いていくことで

安心して購入していただけます。

オファーに関しての注意点

セールスコピーライターは常日頃から、

全く違う業界のオファーも含めて

どういったオファーをしているのかという視点をもって

見ていく事が必要です。

そうする事でいざ自分がオファーする時のイメージが

しやすいかと思います。

ここで一つ重要な注意点があります。

「同業者の真似をしない」事です。

人と同じことをしていても強力なオファーには到底及ばないからです。

例えば

====================

・セールスコピーライターとしてセールスコピーを書いて欲しいクライアント

・セールスコピーライターとして食べていきたい人

・セールスコピーライターとしてクライアントを探している人

====================

この3つともそれぞれオファーの仕方が違ってきます。

以前にもご紹介したソフトバンクについて

これまではドコモがいつもトップを独占していました。

しかし、あのソフトバンクの孫社長が

当時どこもやっていない「通話料無料」で

一気にトップに昇り詰めました。

同業者と同じことをしていても何ら変わりありません。

そのためにも、セールスコピーライターは

いろいろな業界のオファーを見ていくことで

自分だけのオリジナルの強力なオファーを作り

他社に負けない独自の物を作っていきましょう。

今回も最後まで見ていただき

ありがとうございました。