未分類

クライアント獲得&関係構築まとめ

せっかくご縁があって

良いクライアントさんとお仕事をすることになっても

良い関係性が築けなかったとしたら、お互いにとって本当に残念なことです。

そうならないためにどうしたら良いのか

今回は、クライアントさんの獲得の際に気をつけるべきポイントと

クライアントさんと良いお仕事をしていくための秘訣をご紹介します。

クライアント獲得のポイント

1、いつでも空いてますはNG!

クライアントさんを獲得したいあまり

スケジュールはいつでも空いてますので、今すぐにでも受けれますよ。

・・なんて事を言ってはいけませんよ!

クライアントさんの立場に立って考えてみて下さい。

クライアントさんにとって、自分たちにどれだけ有益なものを与えてくれるのか

どうせなら、忙しくて経験豊富な成功しているセールスコピーライターに仕事を

お願いしたい。

・・そう考えるのは当然ですよね。

間違いなく、私だってそうすると思います(笑)

だからです。

まずはウェイティングリスト・・つまりキャンセル待ち。

今は空きがないので、空きが出たらお受けします。

という人をたくさん作っておきます。

そうすることで、もし・・もしですよ。

仮にクライアントさんと何らかの理由で上手くいかなかった場合でも

次の人にすぐにかかる事ができます。

それが今後の安定した収入に繋がっていくことになるんです。

注意して下さいね。

あなたはいつでもスケジュールが空いているとか、いつでも受けれますよ。

・・何ていうスタンスでは受けないでくださいね。

2、他の人よりもっとリサーチしてクライアントさんの事を知る。

クライアントさんの商品やサービスはもちろんのこと。

クライアントさんがターゲットにしている見込み客やライバル会社などといった

ものは徹底的にリサーチして下さい。

クライアントさんの事をどれだけ知っているかは、言葉一つ、アプローチ文章一

つにもしっかり見え隠れしますので、クライアントさんにもすぐにわかってしま

いますよ。

どこでリサーチするかはいろいろありますが、例えばクライアントさんのツイッ

ターやFacebookなどの記事などを過去一ヶ月くらいまでを見たり読んだり

しているとクライアントさんの人物像が浮かんできます。

また、書籍等を出されている場合はもちろん買って読むと言うのは当然のことで

す。

何を大事にしていて、何に興味を持っているのか?

どう言った考え方をしているのか?

もし自分と同じ考え方を持っている人だったら、よけいに好意的に対応していこ

うという気持ちになれるかもしれません。

あるいは、ちょっと自分の考えと違うと感じたら

もしかしたらアプローチもやめてしまおうかと思ってしまうかもしれません。

だからしっかりとリサーチして、もしこの契約は絶対に獲得したいと思ったのな

ら、この一メール・このアプローチで必ず獲得するんだという気持ちで挑んでく

ださい。

3、自分がセールスコピーライターだという事をしっかりアピール

また違った方法になりますが、会う人会う人に自分がセールスコピーライターだ

ということを伝えていきます。

そうして自分がやっているということを広く知ってもらうことで、言った相手の

人には必要がなくても、もしかしたらその人の知り合い等がセールスコピーライ

ターを必要としているかもしれないのですから。

思いがけないところから突然仕事が舞い込んで来るかもしれませんよ。

クライアントと良い仕事をする秘訣

クライアントさんと良い仕事をやってくにはどうしたらよいのでしょうか?

その秘訣についてお話しますね。

1、敵をつくらない

まだまだ自分はクライアントさん達とは関係性が浅いし、当然クライアントさん

の繋がりも知りません。

私たち以上にいろいろな人たちとの繋がりがあります。

なので、どんな人に対しても・・ってこれは常識ですが。

誰に対しても謙虚な姿勢で対応していきましょう。

もし仮に敵を作ってしまったら、たちまちあなたは潰されてしまいます。要注意

ですよ!

2、常にクライアントさんのために尽力を尽くす

⭐️ 依頼された以上のことをやる

依頼された事をやるのはもう当然のことです。

しかし、頼まれたことだけやっているとどの世界でも快くは思われません。

本気で取り組むのであればそれ以上のことをやってください。

常に自分にできることはないだろうかという視点で、自分にできることは全部や

りきるという姿勢で上手く付き合っていくと、やがてそれが安定した契約等にも

繋がっていきます。

⭐️ 先入観でセールスコピーは書かない

クライアントさんとの関係構築していく上で、リサーチして上辺だけを見て

例えばお客さんがこう言っているのだから間違いないなどと、つい先入観を持っ

てしまいがちです。

しかし本当のクライアントさんの思いはこうだったという事があります。

そのためには、そのつど確認をしながらもっと奥深いところまで探っていく必要

があります。

⭐️ 締切には絶対に遅れないこと

締め切りは相談しながら自分で決める事が多いのですが、できれば1〜2週間の

余裕をもって決めると良いです。

そして締め切りの2〜3日前にはできあがっているくらいの余裕をもてると良い

と思います。

ただ、自分で決めた締め切り日です。

自分で言った限りは守る。ということは肝に銘じてください。

例え小さな約束事であっても、ビジネスでは大きな事になっていきます。

ビジネスマンとして失格との烙印を押されてしまい、今後の活動にも大きな打撃

になりますので注意していきましょう。

今回も最後まで見ていただき、ありがとうございました。

何か少しでもお役に立てたでしょうか?

あなたもクライアントさんと良い関係性を築いていく事ができますように。